潤くんのまっすぐな瞳に、突然ハートを奪われちゃって・・ そんな、大好きな潤くんゴトやおうちゴトを、気ままにつぶやいてマス・・
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2013/03/24(日)16:00
昨日は我が家のお坊ちゃまの14回目のお誕生日でした。

以下、ばんびゴトです・・・







昨日は、私が初めてママになった記念すべき日です。
正確に言うと、ん~、完全に初めてって訳じゃないんだけど・・・

というのも、この子が生まれる前に、一度流産してて。

初めての赤ちゃんで、ママになる実感もまだあんまり湧いてない中、
毎回行く度にもらうエコーで、うわっ、私もママなんだな~
少しずつ少しずつそれなりに実感してきた矢先、
いつもと同じように検診にいったら、なぜか先生が検診台のカーテンの向こうでバタバタしてて・・。

私は全く状況を理解できないまま、検診台をおり、エコーのベッドへ・・。

すると先生が言いにくそうに、

   「〇〇さん、残念ですが、今回の赤ちゃんは諦めてください・・。
    また頑張りましょう。」・・・て。

妊娠四ヶ月に入ってすぐ。

びっくりするのと信じられない気持ちで、頭が混乱。

でも、なんでだろう、なぜか涙は出ませんでした・・・

稽留流産といって、赤ちゃんが死んでしまってるのに、子宮の中にとどまっている状態
だったので、すぐに手術をすることに。

お腹の中にとどまっている赤ちゃんを、器具を使って掻き出すのです。

何の前触れもなく、いきなりこんなこと言われて、なんだかよくわかんないまま、
手術台に。

そこの病院では、笑気麻酔という、軽い麻酔しかしてもらえず、
意識もはっきりしていたし、痛みも壮絶なものでした。

手術中、ベッドの向こうには、女子高生や若者たちが楽しそうにしているのが見える、
そんな状態での手術、なんとも言えない、悲しくて切ない気持ちでいっぱいでした。

出産の時の痛みと違って、この痛みの向こうには何もないんだ、と思うと、
ほんとに辛くて。

今考えても、出産よりも痛かったように感じます。


お腹の所で、器具がガチャガチャと音を立てて動いていて、
お腹を突き抜けるような激痛・・。

そして、何よりも辛かったのが、そのお腹から、
つい先日まで、想いを寄せていた赤ちゃんが、
まるで掃除機のようなものに、ものすごい音を立てて吸い込まれ、
ベッドから数メートルのところにある、透明のタンクのような物に
溜まっていくのです・・。


辛くて痛くて、ほとんど直視できませんでしたが、


あれが、さっきまでお腹にいた私の赤ちゃん・・・


言葉がありません・・。

その日のうちに退院し、しばらくは安静に、と。

後日、双方の実家に、この悲しいお知らせをした時のこと。

主人の両親が仕事で留守だったため、おばあちゃんに話したら、
ひとこと・・

   「Sちゃん、大丈夫・・、大丈夫だからね。」

その言葉を聞いた時、初めて涙がぼろぼろと出てきました。


悲しいのと、この先、ちゃんと赤ちゃんをまた授かれるだろうか、とか、
とにかくいろんなことが不安で不安でたまらなかった私の気持ちを
おばあちゃんはわかってたんでしょうね。


    「実は、ばあちゃんもね・・」

と、家族の誰も聞いたことがなかったという、おばあちゃんが流産した話を
してくれました。

誰でもあるんだよ、誰も悪くないんだよ、と優しく声をかけてくれました。

おばあちゃんのその言葉にすごく励まされ、前を向くことができました。

よし!!またがんばろう!!・・てね。

長い言葉じゃなくても、人に元気や勇気を与えられる。
ほんとに素敵な事ですね。

私も、そんな素敵な大人になりたい(いやいや、もう十分な程の大人ですが・・)、
永遠の目標です。



そんなことがあって授かったこの長男Kくん、無事に元気に誕生してくれて、
ほんとに嬉しかったです・・

だから、いまではついつい、口を開けば

    「勉強しなさーーーーーーーいっ

て怒鳴り散らしてますが(四月から受験生・・・)、


ママとパパのところに生まれてきてくれて、ありがとう


こんなだけど、いつも、いつまでも、応援してるよ


がんばれ、受験生(笑)(やっぱソコ??)









スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://murasakiouji0830.blog.fc2.com/tb.php/30-ba8eff60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ばんび

Author:ばんび
夢にまでキラキラと登場する潤くんを日々妄想中・・♡
富士山の麓から、縁あって
東北雪国の地へと嫁いだ1男1女のママ。

思春期の長男の若干冷たい視線を気にしながらも、小学生の娘(@潤)とともに、嵐(かなり潤くん寄りデス)を応援中~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

 | むらさき王子と☆はぴはぴ☆daysTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。